8月 10, 2014
"
147:名無しさん@涙目です。(埼玉県) [sage]:2011/09/22(木) 04:34:09.47 ID:mK6w7hfs0
日本人のあらまし

2万年前 → 南の島から来た原住民が、九州や関西で暮らし始める
1.5万年前 → 北のロシア方面から来た原住民が、東北や関東で暮らし始める

この2人種は顔も似ていてお互いに狩猟民族だったので、すぐに仲良くなり混ざる。これが縄文人。

3000年前 → 稲作技術と社会性を持った人々が、中国の長江あたりからやってくる。
          稲は食物供給率が潤沢で、稲作人の人口の増え方は縄文人の3倍。すぐに縄文人の人口に追いつく。

やがて縄文人と稲作人も仲良くなり(少々の戦はあった)、この混合人種が弥生人になった。

以後、邪馬台国(1700年前)、聖徳太子の時代と時代は流れていく。

1350年前 → 朝鮮百済滅亡。亡命してきた百済の民を受け入れ。日本の人口にして1%程度が混ざる。

それ以後 → 各地の原住民の子孫である、琉球人、熊襲、隼人、蝦夷、アイヌなどを歴史順に吸収。

こうして出来たのが、俺ら日本人である。

よって血の大半は南方系島人、南ロシア系アジア人、大陸系古代中国人が占める。
そこに地方によっては、琉球人、熊襲、隼人、蝦夷、アイヌが混ざる。

(大陸系古代中国人以外は殆ど同じ願なので、
自分にどの血が混じってるかを見た目で判別するのは困難と言われている)


148:名無しさん@涙目です。(埼玉県) [sage]:2011/09/22(木) 04:34:39.15 ID:Hc4nDzrlP
»147
( ・∀・)つ〃∩ ヘェーヘェーヘェーヘェーヘェー
"

日本人のあらまし : 2のまとめR (via daimaoh)

(hustler4lifeから)

10:30pm  |   URL: http://tmblr.co/ZmK3sx1NsukMg
  
登録カテゴリ:: Japan 
8月 9, 2014
"粋(イキ)の基本的意味は異性関係にあり、それは媚態と意気地と諦めという三つの契機からなっている。<媚態>とは、異性の征服をめざして接近しながらも、精神的合一をあえて拒否し、異性との緊張関係を持続させることによって生じる<色っぽさ>のことである。粋(イキ)の基調をなす。この媚態に一層磨きをかけたものが意気地と諦めである。<意気地>とは、異性にもたれかからない<心の強み>としての<張り>のことであり、その起源は武士道の<道徳的理想主義>にあるという。また<諦め>とは、異性との別離を、運命としていつでも甘受しうる、執着を離脱した「あっさり、すっきり、洒落たる心持ち」のことであり、その起源は仏教の<宗教的非現実性>にあるという。"

粋(イキ)  (via donpost)
2011-08-31 (via gkojax-text)

(usaginobikeから)

6:52pm  |   URL: http://tmblr.co/ZmK3sx1Nm-RaX
  
登録カテゴリ:: interesting Japan 
7月 22, 2014
"
566名無しさん@涙目です。(dion軍)2011/07/04(月) 20:06:21.22 ID:pGlWO5Fm0
なぜ一神教が根付かないかっていえば砂漠の国だったら神が一人だったほうがいい
何人も神がいて北へいけばオアシスがある、一方は南へいけばオアシスがあると両方意見が違ったらそりゃ困るから砂漠の国だと神様は一人
けれど日本の場合、北へ行ったら豪雪と津波、南へ行っても噴火やらなにやらでどこ行っても天災が多い国だから、起こりえる森羅万象に神様が宿っていると考えたんだろうかね
だから一神教のような神様は救いの主ではなくて、日本の多神教だとか伝統宗教での神様は良くも悪くも自分に影響を与えるもの


590名無しさん@涙目です。(中部地方)2011/07/04(月) 20:13:46.12 ID:uzr8O9680
»566
すげー分かりやすいわ
"

なぜ日本人は宗教という概念を理解出来ないのか : 【2ch】コピペ情報局 (via rock-the-baby)

(yotta1000から)

10:11pm  |   URL: http://tmblr.co/ZmK3sx1MBE1wS
  
登録カテゴリ:: Japan 
5月 21, 2014
"ではなぜ、正しくない「世界四大文明説」なるものが、これだけ情報の発達した日本において、いまだに学校の教科書で教えられているのかというと、実は、この説が反日学者たちにとって、きわめて都合が良いからです。

どういうことかというと、文明論には、衛星文明説というのがあって、「衛星文明」というのは、独立文明(世界四大文明)の刺激を受けて発生し、独立文明に依存した、自立していない文明を指します。

これを唱えたのが、英国の歴史家トインビーで、彼は、日本文明は、支那の文明の衛星文明であり、日本は、西暦645年の大化の改新によって、漢字や支那の冠位を取り入れて、はじめて文明国家となった、と説いた。それが昭和40年頃です。

要するにこれが、支那が親、朝鮮が兄で、日本が末子という、支那文明日本渡来説の根拠になっています。

これはじつはとんでもない話で、日本には大化の改新よりもはるかに昔から、国体があったし、
そのことを知ったトインビー博士は、後年、日本文明は、独立した一個の文明であると自説を訂正している。

にもかかわらず、都合の良いところだけど、切り取って、いいように歴史を捏造するのが、反日左翼主義者の特徴です。

おかげで、2010年の今日においてもなお、日本の世界史の教科書には「世界四大文明」なる用語が登場しているし、これは必ず「試験に出る」問題です。

これによって多くの子供たちは、世界四大文明なる、世界中の歴史学者にとっくの昔に否定されつくしている説を、無批判に教え込まれ、なんとなく支那が日本文明の親であると思わせられている。

ところが、実は文明の現出は、支那よりも日本の方がはるかに古い。

支那の黄河文明が、いまから約4千年の昔です。長江文明が約7千年前の文明です。

これに対し、日本では、なんといまから1万6500年前という世界最古の土器の遺跡が見つかっている。

場所は青森県蟹田町の西端に位置する「大平山元|遺跡(おおだいやまもといちいせき)」です。

世界最古です。
しかも土器があるということは、すでに火を使い社会的分業制度を持っていたことが同時に類推されるわけで、こうなると、もしかすると、日本は世界最古の文明国だった可能性すらある。

なにせ、支那で最も古い長江文明より、さらに1万年もの太古の昔の文明の痕跡がでてきちゃった。"

ねずきちの ひとりごと 世界四大文明の嘘 (via windsock)

(rock-the-babyから)

7:16pm  |   URL: http://tmblr.co/ZmK3sx1GTYB2X
  
登録カテゴリ:: Japan JPN&world 
4月 3, 2014
"

では、日本は賠償してないのか?
いや、必要以上なほどに充分な賠償をしている。

謝罪をしてないか?
いや、 歴代の国家元首が何度も繰り返し謝罪している。

じゃあ何が問題か。
「戦争を経験してない“現在の”韓国人」の“感情”だけだ。つまり、歴史問題のようでいて、実は歴史問題ではないのである。

では、戦争を経験してない韓国人が“なぜ”日本に対して嫌悪感情を持つか。その原因は歪んだ教育以外にありえない。

そんな韓国人が、『読んだこともない日本の教科書』までも“中国に便乗して”批判しているのはそのためだ。(実は中国人も読んでないので中国政府ですら問題点の指摘もできない)世界史を学んでないくせに知らない隣国を憎悪する韓国と、謙虚に相手の言葉を信じすぎて国際社会で食い物にされる日本。

現状に満足できないまでも、どちらの言葉を信じるべきかは韓国を少し知ることで自ずと見えてくるはずである。

だが、そんな狂った現状を「おかしい」とちゃんと知っている人もいる。

平成15年5月31日、東大での講演会で麻生太郎が語ったエピソードにこのようなものがある。

「中国や韓国と外交をするうえで、歴史問題をどうすればいいと思うか」という質問を受けた麻生氏は、「歴史認識を一緒にしようといっても、隣の国と一緒になるわけがない。たとえば朝鮮人の創氏改名の話。日本が満州国をやる前に創氏改名の話が出たことは一回もない。しかし、当時、朝鮮の人たちが日本のパスポートをもらうと名前のところにキンとかアンとか書いてあり「朝鮮人だな」と言われた。仕事がしにくかった。だから名字をくれ、といったのがそもそもの始まりだ」と答えた。

これを韓国で言ったところ灰皿が飛んできたという。そのときに「若い者じゃ話にならない、年寄りを呼んでこい」と言ったら、韓国のおじいさんが現れて、「あなたのおっしゃる通りです」と言ってくれた。

その後、講演会の続きで麻生氏が、「ハングル文字は日本人が教えた。うちは平仮名を開発したが、おたくらにそういう言葉はないのか、と言ってハングル文字が出てきた」と言ったらもっとすごい騒ぎになった。だが、その時もそのおじいさんが、「よく勉強しておられる。あなたのおっしゃる通りです」と言って、その場は収まった。

つまり韓国でも、当時を知る老人は正しい歴史的事実を知っているのである。

前ページでも触れたが、「日本の朝鮮総督府が発行したハングルの教科書」という『物的証拠』も今でも当たり前のように多数現存している。

http://photo.jijisama.org/hg.html
朝鮮語読本 backupurl.com)


http://photo.jijisama.org/TextBook02.html
国定教科書の嘘 backupurl.com)

それは学者や研究者は確実に真実を知ることができるという意味だ。

■『韓国 堕落の2000年史』(祥伝社黄金文庫 崔 基鎬 2006/06)
ハングルが全国民に教えられるようになったのは、日帝時代になってからのことである。韓日併合の翌年の1911(明治44)年から、総督府によって朝鮮教育令が施行され、初、中、高等1894学校で朝鮮人、日本人の生徒の区別なく、ハングルを必修科目とすることに決められた。

■『日韓2000年の真実』(国際企画 名越 二荒之助 編著)
総督府が編纂した「朝鮮語辞典」(1930年4月10日出版)395P
これは、総督府に朝鮮固有の文化を尊重しようとする明確な方針があったためで、そのほかにも朝鮮総督府は、明治四十五年に「朝鮮語辞典」に着手したり、大正十年には「朝鮮語奨励規定」を設けて日本人官吏に朝鮮語の習得を奨励したり、大正十三年には新設の京城帝国大学(現ソウル大学)に朝鮮語・朝鮮文字の講座を開設したりと、朝鮮語の教育、普及に対策を講じている。「朝鮮語抹殺」の意図がもし日本にあれば、総督府が率先してこうした施策を打ち出すはずがないからである。

学のない普通の韓国人だけがハングルを日本が広めたことを否定したがっているだけであって、本来なら疑う余地などないレベルの事柄なのである。

では“なぜ”普通の韓国人はそれ否定するのだろうか。それはやはり韓国の教科書のせいである。

■民族抹殺統治
わが民族は日帝の内鮮一体、日鮮同祖論、皇国臣民化のような荒唐無稽なスローガンのもとで、わが国の言葉と歴史を学ぶことができなかった。また、皇国臣民の誓詞暗唱、宮城遥拝、神社参拝はもちろん、甚だしくは、われわれの姓名までも日本式に変えるように強制した。日帝はこれを拒否する人に対しては投獄、殺傷までも躊躇せず、このような政策に従わない宗教系統の学校は閉鎖された。

(国定韓国高等学校歴史教科書より)


“日本が朝鮮の言葉と歴史を抹消して姓名変更を強制し、歯向かった者を殺した”…という嘘が全国民が使用する教科書に書いてあるのである。

創氏改名などについては前項で既にみてきた通りである。言語についても同じである。

日本からの好影響を一切認めたくない韓国人はことある毎に日本統治の名残を見つけ、「日帝残滓」として「排斥しなければならない」と使命感に燃える。実際に日本統治下で朝鮮に流入した物の呼び名などは次々に朝鮮式呼称に改めている。

しかし、さすがに使用言語を変えるわけにはいかないので、ハングルを日本に広めてもらったという事実が我慢ならないのだ。

だから「日本は韓民族からハングルを奪った!」と決め付け、「優秀な韓民族は自ら勉強し、ハングルを独力で習得した」と言い張るのである。

"

【3】なぜいろんなことが誤解されたままになっているか? (via nandato)

(itokonnyakuから)

11:18pm  |   URL: http://tmblr.co/ZmK3sx1B_snOh
  
登録カテゴリ:: Japan 
4月 3, 2014
"

 「バターン死の行進」の虚構

 

本郷 アメリカがでっちあげた「バターン死の行進」についても、この本で取り上げていますね。
溝ロ アメリカが焚書にした本というのは、当然、アメリカにとって都合が悪い本なわけです。そのひとつに日本人が書いたフィリピンにおける従軍記がある。「バターン死の行進」をつくりあげるのに、これらの本が邪魔だった。ウソがばれるからです。
本郷 溝口さんは、焚書本の『比島従軍記南十字星下」(向井潤吉著、昭和十七年)を、地方の図書館で探し当てたそうですね。

 

溝口 この本を見つけたときが、今回の執筆における一番のハイライト場面ですね(笑)。
 『比島従軍記南十字星下」には、「投降の敵将校に紅茶の接待」という、アメリカ軍 将校に紅茶をふるまっている場面を撮影した写真が載っています。その写真を見ると、米兵はまるでピクニック姿ですよ(笑)。軽そうなリュックを背負ってい る。同じ行程を護送のため歩いた日本兵は、背嚢を背負って、銑を担いで歩いているんです。また、同じ本には「診療を待つ捕虜の列」という、野戦病院で診療 を待つ捕虜の列を撮影した写真もあります。捕虜の体を気遣っているのがよく分かります。これらは米軍の一部の部隊に向けた対応かも知れませんが、日本軍は 米兵を丁重に扱っていたんです。この事実はもっと知られるべきです。

 

image

うんうんと頷きながら一気に読みました。 

 

 また、火野葦平らが書いた『比島戦記』(昭和十八年)にも面白い写真が載っています。「海水 浴をする米兵捕虜」と解説された写真があるんですが、行軍途中、近くの海岸で捕虜たちがくつろいだ様子で海水浴をしているんです。これはつまり、行軍中に それだけの余裕があったということ、また日本軍がそれを許していたということです。

 

 戦後GHQが 裁いたように、日本軍が、多数の死者を出すような過酷な行軍を捕虜たちに強要したとは到底思えません。他にも、「敗戦も物かはポーカーに興ずる捕虜」 (『コレヒドール最後の日」、昭和十九年)という写真も存在します。参謀長としてバターン作戦に従事した渡辺三郎氏(陸士三十期)は、「つくられた”死の 行軍”」(『昭和史研究所会報」第六十七号、平成十四年)のなかで、次のような回想を残しています。

 

  捕虜は、第一線からサンフェルナンドまで徒歩で行進し、そこから汽車で、オードネルに送ら

 れた。この徒歩行軍が「死の行進」と宣伝して騒がれ、本間将軍抹殺のキャッチフレーズであ

 る。
 

  このとき、護送に当った日本兵は背嚢(はいのう)を背負い、銃をかついで歩いたが、捕虜は

 水筒一つの軽装であった。全行程六十五キロあまり、それを四、五日がかりで歩いたのである

 から、牛の歩くに似た行軍である。
 

  夜は肌寒さを感ずることがあるので、日本兵は彼らのために焚き火をし、炊き出しをして食事

 を与え、それから自らも食べるという苦労を重ねたのであった。
 

  これを「死の行軍」と呼号することは、軍人のいうべき言葉ではなく、同じく行進をした護衛役

 の日本兵に対する侮辱であり、戦場ないし作戦の実相を無視したものである。

 

image

(画像は歴史通9月号から、下の写真も) 

 

 投降兵のなかには、米軍とともに戦ったフィリピン兵も交じっていましたから、彼らも同じ行程を行軍しています。彼らも海水浴をしたでしょうね。また、バターン攻略戦に参戦した山田光治氏(京都第十六師団司令部部員、一等兵)の書いた『初年兵の初陣覚書』(平成十八年、私家版)には、次のようなエピソードがあります。

 

  戦争終結と共に、野から山から湧き出て来た米比軍の元気で陽気な姿というものは、まるで

 オリンツクが終了した後のクニツク気分の行進のようなもので、およそ捕虜などという陰蟹

 な姿ではなく、どうしてあれが「死の行進」になったのか、不思議でならない、捕虜の護送といっ

 ても、百名か百五十名に一人の日本兵が監視兵として一緒に歩いているだけであり、しかも道

 路の両側は、同じ民族のフィリピン人である。

 

  逃げようと思えばいくらでも逃げることができる。マリベレスに立て籠もっていたという七万か

 八万の米比軍中、目的地のオードネル捕虜収養所に入ったのは五万四、五千人であり、その

 差が行進中に亡くなったなどとは、到底考えられない話である。

 

  米軍はバターン半島のマリベレス周辺で降伏しました。日本軍はそれらの捕虜を一度東海岸

 のバランガヘ集めた。その道のりは四十キロぐらいです。おそらく、捕虜が海水浴をしている写

 真は、ここで撮られたものではないでしょうか。そしてバランガから、目的地である鉄道の駅が

 あるサンフェルナンドまでは六十キロぐらいです。およそ百キロの距離を、五-七日かけて歩い

 た。戦後アメリカは、「バターン死の行進」と断じましたが、いったい米兵はどれだけ弱々しいの

 か。

 

image

 

本郷 ジャーナリストの笹幸恵さんが、同じ行程を実際に自 分の足で辿っています(「バターン死の行進女一人で踏破」=『文塾春秋」二〇〇五年十二月号)。彼女はこの道のりを四日間かけて歩き、「栄養失調気味の私 ですら踏破できた」と感想を述べています。決してばたばたと捕虜が死んでいくような過酷な行程ではなかったんです。

 

溝口 「バターン死の行進」が「あったあった」という人は、『比島従軍記南十字星下』や笹さんの本を読んで、それから発言してほしいですね。
本郷 世界に通じる藤田らの日本の「戦争名画展」をどこかが主催しないものでしょうか。
 

 

                             (歴史通9月号、P167-P170より抜粋)

"

バターン死の行進はやっぱり「ウソ」だった!:イザ! (via carbondoubt)

(itokonnyakuから)

11:17pm  |   URL: http://tmblr.co/ZmK3sx1B_sPt1
  
登録カテゴリ:: Japan 
3月 30, 2014
"

16 :名前をあたえないでください:2011/09/06(火) 20:06:23.68 ID:x0AIKTAS [7665ポイント]
あなたはこんな事を知っていますか?

(1)現在の在日韓国・朝鮮人は密航してきたり、出稼ぎに来た人達である。

(2)朝鮮の人達に望まれて日韓併合条約を結び、国際法上なんの問題も無く
合法的に朝鮮と合併した。

(3)日本の敗戦時に韓国・朝鮮人が日本人に対して集団強盗、略奪、殴打暴行、
レイプ、殺人、破壊、占拠監禁、人民裁判などあらゆる犯罪を犯した。

(4)日本は韓国と日韓基本条約を結び無償で3億ドル(約1080億円)、
有償で2億ドル(720億円)、民間借款で3億ドル、韓国内の日本の
財産の全てという当時としても莫大な額の賠償をしている。

(5)日清戦争で日本は清と命をかけて戦い、清(中国)の属国であった朝鮮の
独立を認めさせた。

(6)我々日本人には関係無い破綻した朝鮮銀行・韓国系銀行に3兆円もの
日本の税金が使われている。

(7)2002年日韓ワールドカップでスタジアムを作る資金が無い
韓国のために7000億円もの日本の資金が使われた。

(8)韓国の経済危機の時にIMF経由で日本が多額の資金を出し韓国を救った。

(9)日本海の漁場が韓国の漁船に荒らされまくり、水産資源が激減している

(10)韓国の武装スリ団、犯罪集団によって日本人が多くの被害を受けている。

(11)韓国の婦女暴行(レイプ)発生率は事実上世界第一位である。

(12)韓国の暴行発生件数は日本の100倍である。

(13)日本での韓国人による犯罪は国籍別検挙人員第2位、
不法残留第2位である(平.15年上半期)。

(14)韓国人は海外で悪い事をして捕まった時などにすぐ日本人のフリをする。

(15)韓国人はベトナム戦争に参戦した時に、ベトナム人に対して虐殺や
レイプをしまくった。

(16)韓国は、日本や世界の文化やモノ(剣道、サムライ、生け花、
サッカー、キティーちゃん等、数え挙げたらキリがない)を自分たちが
最初につくったと捏造している。

(17)朝鮮人による自作自演のチマチョゴリ切り裂き事件を追求していた
韓国人が何者かに惨殺された。

(18)北朝鮮が日本の偽札を作り、麻薬を製造・密輸している。

(19)朝鮮総連は固定資産税を払っていない。

(20)日本の領土の竹島を韓国が不法占拠している。

(21)一部の在日韓国・朝鮮人が掛け金も払わず年金を要求している。

"

【世論調査】 日本人の76%が 「中国嫌い」 : 2ちゃんねるで話題のニュースまとめ (via love-korea-well)

(keidashから)

5:57pm  |   URL: http://tmblr.co/ZmK3sx1Bbo7pj
  
登録カテゴリ:: JPN&world Japan 
3月 28, 2014
"日本は大昔から、エコの文化だとよくいわれます。
そのひとつの例として、きものがあります。

きものは洋服と違うのは、曲線がほとんど無いということです。

洋服は生地をパターンに合わして裁断していきます。
肩のライン、腰のラインに合わして作りますので、出来上がった洋服は直線が無いくらい全体に曲線のラインです。
したがって体の体型にぴったりと合います。

きものの場合は、反物の生地をほとんどと言っていいくらい直線で裁断していきます。出来上がったきものも直線のラインが殆ほとんどです。
着付けも巻きつけて着るので、着付け次第である程度の体型まで着ることが可能です。
したがって、よっぽどじゃない限り、太っても痩せても同じきものを着ることができるのです。

~(略)~

もうひとつ、きもののスゴイところは、仕立ての際にほとんど生地を余らさないで、縫いこむことができるのです。
どういうことかと言いますと、糸を解いてまた繋ぎ合わせると元の反物の状態に戻るのです。
という事は、また新たに仕立て直しが可能になります。
もっというと、生地が破れない限り何回でも仕立て直しが可能です。

娘へその妹へ、孫へその孫へ。
最終的にはもちろん生地ですから、破れたり穴が開いたりします。
そのときは、座布団やお布団の生地として再利用します。また巾着やお手玉のような小物へ。

なんというエコでしょう。捨てることなんて絶対無いのです。

反物から始まって、また反物に戻る。1からはじまって、また1に戻る。
1として使えなくなっても、違う1になる。

最近は1からはじまっても1に戻らない物があふれている気がします。
"

着物とエコと日本人|子どもへ伝える大切なもの (via itokonnyaku)

(5beatから)

9:43pm  |   URL: http://tmblr.co/ZmK3sx1BQCQF5
  
登録カテゴリ:: Japan 
3月 28, 2014
"

武士道といふは、死ぬ事と見付けたり。つまり生死二つのうち、いずれをとるかといえば、早く死ぬほうをえらぶということにすぎない。これといってめんどうなことはないのだ。腹を据えて、よけいなことは考えず、邁進するだけである。”事を貫徹しないうちに死ね犬死にだ”などというのは、せいぜい上方ふうの思い上がった打算的武士道といえる。

とにかく、二者択一を迫ったとき、ぜったいに正しいほうをえらぶということは、たいへんむずかしい。人はだれでも、死ぬよりは生きるほうがよいに決まっている。となれば、多かれすくなかれ、生きるほうに理屈が多くつくことになるのは当然のことだ。生きるほうをえらんだとして、それがもし失敗に終わってなお生きているとすれば、腰抜けとそしられるだけだろう。このへんがむずかしいところだ。

ところが、死をえらんでさえいれば、事を仕損じて死んだとしても、これは犬死、気ちがいだとそしられようと、恥にはならない。これが、つまり武士道本質なのだ。とにかく、武士道をきわめるためには、朝夕くりかえし死を覚悟することが必要なのである。つねに死を覚悟しているときは、武士道自分ものとなり、一生誤りなくご奉公し尽くすことができようというものだ。P105-106 


葉隠れ」 山本常朝

"

なぜ天皇はいまも日本人の社会秩序を支えているのか - pikarrrのブログ (via sqiz)

(rock-the-babyから)

8:58pm  |   URL: http://tmblr.co/ZmK3sx1BQ4tQv
  
登録カテゴリ:: life Japan 
3月 28, 2014
"そんな外国人に分かりやすい(特にアメリカ人に)、日本の現実。

・カリフォルニア州に
・ロッキー山脈を丸ごとぶち込んで
・アメリカの人口の半分をぶち込んで
・世界中(除く日本)で起きる地震を全部ぶち込んで(それでも足りない……)
・ハリケーンを毎年10個前後横切らせて
・それでも世界第二位の経済力だったりする工業大国

あと

・世界中の火山の半分が集まってる
・豪雪地帯と豪雨地帯もある上に
・日本の人口の半分が、遂に三大都市圏に集中
・年2回の行事で人口の過半数が大移動

……ほんと、なんで日本ってこれでやっていけるんだろう?"

Tiny Clip (via yugui, tacke-deactivated20081124)
2007-08-07 (via gkojay) (via gosunatxrea) (via sironekotoro) (via fujihajime) (via shima-ken) (via rock-the-baby, rock-the-baby)

8:44pm  |   URL: http://tmblr.co/ZmK3sx1BQ2fvQ
登録カテゴリ:: Japan 
Tumblrでのスキな投稿: スキな投稿をもっと見る »