7月 25, 2014
"自制心を働かせるために、子どもたちはさまざまな精神的戦略を編み出した。手で目を覆う子どももいたし、部屋の隅に立って、マシュマロを見ないようにした 子どももいた。机を蹴りだしたり、お下げの髪をいじったり、マシュマロがぬいぐるみであるかのように見立てて遊ぶ子どももいた。こうした戦略を用いること により、参加した4歳児のうち約25%が、15分後まで「満足を遅延させること」に成功した。

この実験から12年後、ミシェル氏は、マシュマロ実験に参加した被験者約600名の保護者や教師、学習指導者に対して、被験者たちの日常生活について尋ねるアンケートを送付した。

その結果、1分以内にベルを鳴らした子どもたちは、学校でも家庭でも行動上の問題を抱えている率が高いことが分かった。教室での問題行動も多く、かんしゃ くを抑えるのも難しかった。そして、15分待てた子どもは、30秒しか待てなかった子どもよりも、SAT(大学進学適性試験)のスコアが平均して210点 高かった。

ミシェル氏の研究は、セルフ・コントロールや我慢強さといった非認知的な性格が、実生活では非常に重要だということに焦点をあてるものだった。多くの研究においても、人生の成功にはIQよりもセルフ・コントロールのほうが重要らしいということが明らかになっている(日本語版記事)。

ミシェル氏の研究はさらに、意志力の再定義にもつながった。われわれはふつう、意志力とは、歯を食いしばって誘惑に耐えることだと思いがちだが、ミシェル 氏は研究を通して、これは逆だということを明らかにしたのだ。「満足を遅延させる」ことは、「関心を戦略的に配置する」(マシュマロから気をそらす方法を 科学的に説明した表現)ことができるかどうかにかかっている。子どもたちの欲求は、克服されたのではなく、そらされ、忘れ去られたのだ。満足を遅延できた 子どもは、「自分の意志力が限られたものであることを理解していた。マシュマロのことを考えてどんなにおいしいかと思ったりしたら、それを食べてしまうだ ろう。まずはそれを考えないようにすることが鍵なのだ」とミシェル氏は語った。"

「我慢できる人」は脳が違う? « WIRED.jp 世界最強の「テクノ」ジャーナリズム (via ishida)

(petapetaから)

6:37pm  |   URL: http://tmblr.co/ZmK3sx1MSGQe0
  
登録カテゴリ:: mental life 
5月 9, 2014
"

<「目」から読み取る心理・性格>

■目の瞳孔が開く

これは男性に限ったことではないのですが、人間は興味のあるものを見ると目の瞳孔が開く傾向にあります。なので、何に興味があるかがわかるし、好きかどうか、興味があるかということもわかるわけです

■長くゆっくりとしたまばたきをする

これは反論と否定の表れであることがあります。
話している相手がこのようなまばたきをしていたら
目を合わせたくないと思っているかもしれません。。

■しきりにまばたきをする

まばたきのペースは、普通3秒に1回くらいのものですが、人は弱気になっていたり緊張状態になると無意識にまばたきの回数が多くなります。

なので、普段はあまりまばたきが気にならない人が、しきりにまばたきをするようになったら相当緊張しているとみて間違いありません。

またもし、相手が異性であれば、こちらをかなり意識していることが考えらます。

■会話の最中に視線がさまよう

自分に自信がなくすぐに不安になるため、どうしても視線が一点に定まらないのです。

性格的にも内向的な人が多く、人と打ち解けあうまでに時間がかかる人が多いです。
こいうタイプの人と仲良くなるには、焦らずゆっくりとお互いの気持ちを深めていくのが賢明だと言えます。

■目と口が同時に笑い始める

目と口が同時に笑い始める人は作り笑いの可能性が高いらしい。
人は本当におかしいときには、まず口から笑うのが普通らしいです。

■口が笑っていても目が笑っていない

人は本当におかしいとき、その感情の9割は口に表れ、残り1割が目に表れるという。
口が笑っていても目が笑っていない人は、本当はおかしいと思っていない可能性があります。

■目が右上を向いている場合

これは 「過去の体験を思い出している」 ときに出る目の動きです。
過去にあった出来事や、思い出を振り返っているときには右上を見るそうです。

■目が左上を向いている場合

これは 「見慣れない、聞き慣れないものを想像している」 ときに出る目の動きです。
まったく知らないことや、体験していないことを、「それってこういうことかな?」
と自分なりに解釈しようとするときには左上を見るそうです。

■目が右下を向いている場合

これは 「聴覚に関するイメージを持っている」 ときに出る目の動きです。
お店やカラオケなどで偶然聞いた音楽などに聞き覚えがあるんだけど、何の曲だったか思い出せない、といったときに右下を見るそう。

■目をそらす

話をする時にチラチラ見るのは好きの証拠、目を横にそらすのが嫌いの証拠と言われています。

■相手を上目づかいで見る

上目づかいの視線は、相手に甘えたいという気持ちのあられ。
一般的に視線の上下の方向で、相手がどういう上下関係を望んでいるかがわかります。

見上げるような視線は、相手に敬意を示しているか、こちらに甘えたがっているときにあらわれる視線です。とくに恋人から上目づかいで見られる場合、ふたりの恋愛関係はうまくいっている可能性が高くきわめて仲が良い証拠だと言えます。

■相手を見ずに話をする

相手を見ずに、よくわき見をしながら話をする人は、何か隠し事をしている可能性が高いです。
隠し事をしていると、人はできるだけ相手と目が合うのを避けようとします。

■目が小さい人

目の小さい人、目が細い人は、物事をじっくり静かに見据え、すぐには行動を起こさないという傾向があります。

目の前の出来事にとっさに飛びつく瞬発力や行動力がないため、チャンスを逃しやすいだけでなく、何か問題があったときに、解決を先送りしがちなところがあるそう。

■目に力がない人

一見して、顔の力を全て抜いたように無表情で、目に力が感じられない表情の男性は、ごくごく自然体で内面に独自の世界を築いている人が多いそう。

日常生活の言動には生気が感じられないこともありますが、内面の豊かさはその作品に注ぎ込まれていいて、普段から受ける印象とはかけ離れた作品で、周りの人を驚かせるような性格をしていたりするそうです。

■目つきがきつい人

目つきの鋭い人は、一見笑顔がなく、敵対心を抱いているかのような第一印象を持たれてしまうことが多く、笑みの無いその視線は、これまでの経験によって生まれたものであり、ひとたび心を開けば、本当はコミュニケーションをすごく欲している人だったりします。

■目が大きい人

目の大きい人は、色々なものに興味を持ち、吸収しようという意欲のある人が多く、飽きっぽいところはありますが、人当たりはよく、優しい性格。
また、やさしく、実直なところからダメージを受けやすいともいえるそう。

■まばたきの多い人

まばたきの多さは緊張や不安の表れであるといわれています。
心理学の世界では「まばたきの多い人は気の小さい人」と判断されることもあるようです。

■会話中に目を大きく見開く

相手の話を理解しようとして目をくりくりさせているわけではなく、自分をよく理解してほしくて目をクリクリさせてしまうクセがついているようです。

自分が相手にどう思われているのかが心配で仕方なくなると、人は相手を見るとき目が見開くようなびっくり表情をしてしまいます。

"

http://matome.naver.jp/odai/2129480304938618801 (via kihara0831)

(rock-the-babyから)

8:58pm  |   URL: http://tmblr.co/ZmK3sx1FMz5ni
  
登録カテゴリ:: mental 
4月 3, 2014
"

いたずら書きは、気を散らせ、時間の無駄となる習慣だと同僚たちは考えているかもしれないが、こうした習慣が実際には、集中力を促進することで周りから一歩先んじるのに役立つ可能性があるのだ。

録音されたメッセージに登場する名前を憶えているようにと指示された実験では、耳を傾けながらいたずら書きをしていた人たちは、そうでなかった人たちよりも記憶が優れていた。これは、いたずら書きがわずかに注意力を逸らせるにしても、実際のところは、退屈なメインの仕事を行なっている間の集中力を向上させる、つまり、いたずら書きをしないとかえって気が散る可能性があることを示唆している。

"

「いたずら書きは集中力を高める」その理由は | WIRED VISION (via atasinti) (via yellowblog) (via usaginobike)

9:40pm  |   URL: http://tmblr.co/ZmK3sx1B_Z4Cs
  
登録カテゴリ:: mental 
3月 28, 2014
"この手の話をすると、必ずと言って良いほどあなたのようなことを言う人が現れるので、これまで書かなかったんですよね。"

自分が嫌われないために気を遣う人は、身内を潰す。 - yuhka-unoの日記 (via koshian)

(k32ruから)

8:04pm  |   URL: http://tmblr.co/ZmK3sx1BPynzd
  
登録カテゴリ:: mental life 
3月 17, 2014
"ある男性の写真を女性に見せ、彼女はいないと説明すると、この男性と付き合ってみたいという回答者は59%だった。一方、彼女がいると説明した場合、その数字は90%に跳ね上がった。"

Twitter / @CourrierJapon (via shibata616)

(usaginobikeから)

7:05pm  |   URL: http://tmblr.co/ZmK3sx1ANuLbp
  
登録カテゴリ:: mental 
10月 6, 2013
"

1. 小さい頃は父親と仲が良かったが、思春期以降、父親のことが嫌いになった。

2. 両親の夫婦仲はあまりよくない。

3. 母親が父親のことを馬鹿にしている。もしくは悪口を言う。

上の3つ項目全て「Yes」という女性は、“家庭内ストックホルム症候群”にかかっており、父親とよく似たダメ男ばかり選んでいる可能性があります。

"

男運が悪すぎる女性は「父親に問題がある」ことを解明! | ニコニコニュース (via twinleaves)

(k32ruから)

10:46pm  |   URL: http://tmblr.co/ZmK3sxwx7JWh
  
登録カテゴリ:: mental life 
6月 17, 2013
"

日米中3カ国の高校生約3400人を対象に行なわれた調査では、「私は他人に劣らず価値のある人間である」という質問に肯定的に答えた高校生はアメリカで89%、中国で96%だったのに対し、日本ではわずか38%でした。その一方で、「自分にはあまり誇りに思えるようなことはない」と答えたのは、アメリカ24%、中国23%に対して日本の高校生は53%と半数を超えます。

これを見ると“自己卑下(正確な自己認識)”が日本人の特徴といえそうですが、大学生を対象とした調査では、明らかに自分を「平均以上」だと答える項目が見つかっています。男女を問わず日本の大学生が「自分は他人より優れている」と思っているのは、“優しさ”“真面目さ”“誠実さ”です。知能や容姿のような比較が容易なものではなく、評価基準があいまいなものには過剰な自信を持てるのです。

だとすればこれは、「日本人は現実を直視できる」という話ではなく、ポジティブ・イリュージョンの表われ方が文化や社会によってちがっているのかもしれません。

社会心理学の研究によれば、日本人のもうひとつの特徴は、「人間関係を仲介として自分自身を高く評価する傾向」が顕著なことです。自分は平均以下かもしれないけれど、自分の夫婦関係や友人との関係は平均以上だと思っているのです。

個人ではなく関係性に依存するというのは、よい面も悪い面もあります。

日本人は“俺”ではなく“俺たち”を自慢しがちです。これが「自分はたいしたことないけど会社は一流だ」とか、「俺はリア充じゃないけどニホンは世界から尊敬されている」という意識につながっているとしたら、心当たりのあるひとも多いのではないでしょうか?

"

“俺”ではなく“俺たち”を自慢する日本人 週刊プレイボーイ連載(102) | 橘玲 公式サイト (via deli-hell-me)

(yucoから)

7:34pm  |   URL: http://tmblr.co/ZmK3sxnYCc3Q
  
登録カテゴリ:: JPN&world mental 
3月 2, 2013
"

認知のゆがみは10種類ほどあるといわれています。下記の中で、“自分はこれをよくやっているな”と思うものがあるでしょうか?

●認知のゆがみ

1.全か無か思考:白か黒か、成功か失敗かのどちらかで考える

2.一般化のしすぎ:いくつかの例だけを見て、「いつもそうである」「みんなそうしている」などと判断してしまう

3.心の先読み:相手の心を先読みし「返事がないのは嫌われたからだ」などと思い込んでしまう

4.双眼鏡のトリック:常にほかと比較し、「やっぱり別のランチの方がおいしそうだ」など自分の選択を後悔する

5.レッテル貼り:「自分はどうせ○○だ」と行動する前から結果を決め付けてしまう

6.責任の取りすぎ:何でも「自分が悪い」「自分のせいだ」と思い込む

7.完ぺき主義:理想が高く、ささいな欠点を見つけると極端に幻滅してしまう

8.マイナス化思考:どんな良いことが起こっても、マイナスに置き換えてしまう

9.感情的決め付け:自分がそう感じたら、事実もそのとおりになると思い込んでしまう

10.すべき思考:何でも「当然○○すべきだ」「絶対○○でなければならない」と頑固に思い込んでしまう

"

SEのための認知療法――認知の癖を知ってうつ予防 - @IT自分戦略研究所 (via vampir) (via yaruo) (via amagi) (via uessai-text) (via f4kinenbi) (via yumehitachi) (via oosawatechnica) (via gakkie) (via gonsee) (via kohsaki) (via okuno) (via sudoko) (via umi82mizuiro) (via nemoi) (via nothhin) (via a2onaka, clione) (via usaginobike) (via oriiro) (via kyohei1989) (via wand-of-wish) (via himatbshiz) (via kikuzu) (via iyoupapa) (via yellowblog) (via hustler4life) (via mnky) (via writerman-js) (via gotouyuuki-text) (via ipodstyle) (via yaruo) (via ishida)
2011-04-25 (via gkojax-text) (via mcsgsym)

1:26pm  |   URL: http://tmblr.co/ZmK3sxfJGhrO
  
登録カテゴリ:: mental 
3月 2, 2013
"「地下鉄のバイオリニスト」

一人の男がワシントンDCの地下鉄駅構内に立ってバイオリンを弾き始めた。

1月のある寒い朝 だった。彼はバッハの曲を6曲約45分間演奏した。その時間帯はラッシュアワーで、約1000人がその駅を通った計算だ。ほとんどの人たちは仕事に行くと ころだった。

3分を過ぎた所で、一人の中年の男性が音楽家が演奏していることに気づいた。彼は歩くペースを緩め、数秒間立ち止まったが、 やがて自分の予定に急いで戻って行った。

1分後、バイオリニストは最初の1ドルのチップを受け取った。一人の女性が箱にお金を投げ入れ、 そして止まることなく歩き続けた。

数分後、壁にもたれて彼の音楽を聴く者がいたが、その男性は腕時計を見てまた歩き始めた。彼は明らかに 仕事に遅れていた。

もっとも注意を払ったのは3歳の男の子だった。彼の母親がその子を引っぱって急ごうとしたが、その子は立ち止まってバ イオリニストを見ていた。最後に母親が強く押したので、その子どもは何回も振り返りながら歩き続けた。このような動作が他の何人かの子どもたちによって繰 り返された。親たちは、例外なく、子どもたちを先に急がせた。

その音楽家が演奏した45分間で、わずか6人が立ち止まってしばらくそこに いた。約20人がお金を彼にあげたが、ペースを緩めることなく歩き続けた。彼は32ドル集めた。彼が演奏を終えると、辺りは静かになったが、誰もそのこと に気づかなかった。拍手する者はだれもいず、だれも気づかなかった。

誰も知らなかったが、そのバイオリニストは世界の最も優れた音楽家の 一人であるジョシュア・ベルだった。彼はこれまで書かれたうちで最も難解とされる曲のひとつを演奏した。350万ドルの価値あるバイオリンで。

地 下鉄で演奏する2日前に催されたジョシュア・ベルのボストンでのコンサートは売り切れていた。そのチケットは平均で100ドルだった。

こ れは本当の話だ。地下鉄駅でジョシュア・ベルがお忍びで演奏することを企画したのは、ワシントンポストで、これは人々の認知、テースト(嗜好)、優先順位 についての社会実験のひとつだった。

その企画の概要はこうだった。
ありふれた環境で、都合の悪い時間に、
私たちは美を認 知するか?
足を止めてそれを観賞するか?
予想できない状況でも才能を認知するか?

この経験から得られる結論のひとつはこ うだろう。

世界最高と言われる音楽家のひとりが最高の作曲と言われる曲を演奏するのに、一瞬たりとも立ち止まって聴くことをしないのなら ば、私たちはどれほどのものを見過ごしているだろうか?"

玄のリモ農園ダイアリー: 地下鉄のバイオリニスト (via last-night) (via resonance-1111) (via ka-ri-ko) (via hatron) (via lovecake) (via petapeta) (via shinoddddd) (via atorioum) (via vmconverter) (via loco2kit) (via masterkohta) (via hsmt) (via ittm

)

(via:nemoi) (via e-note) (via kml) (via chica) (via nakano)

(via mihomihosuzuko)

(via ishida) 2010-05-11 (via gkojax-text) (via yaruo) (via coolyamauchi)

(via tyama1965) (via k32ru, k32ru)

1:01pm  |   URL: http://tmblr.co/ZmK3sxfJA5Cg
登録カテゴリ:: mental 
12月 13, 2012
"

いまカウンセリングに通う人がたくさんいますけど、そのほとんどが人間関係で痛めつけられた人ですよね。
人間関係で傷つくというのは、たいていの場合、生命力を奪ってしまうようなタイプの人の傍にいるからです。
そういう人って、実際にいるわけですよ。善悪とかかわりなく、ネガティブなオーラを出している人って。
本人は自分のことを思いやりのある善意の人だと思っているんだけれど、その人のそばにいるとこちらの生命力がゆっくり損なわれてゆくような人って。


身体感受性が鈍い人にはそれがわからない。
だから「その人のそばからそっと逃げ出す」というオプションを思いつかない。
そういうネガティブな人って、口で言っていることは語義レベルではまともだし、つじつまがあっているし、本人も「あなたのことを考えている」とか「あなたのために言うのよ」というふうに言うので、どうしても「わるい人」のようには思えない。
でも、そういう人のそばにいて、その人の言葉をずっと聞かされている内に、聞く方がどんどん衰弱していく。そういうこわいコミュニケーションってあるでしょう。


そういう人は言語的なメッセージのレベルとは違う身体的なレベルで「俺はお前をコントロールする。
俺はおまえの生命力を低下させて私の支配下におく」というメッセージを出しているんです。
ただし、それは非言語的なメッセージですから、言葉を聞いているだけじゃわからない。
それを感受するには身体感受性が鋭敏じゃないと無理なんです。
でも、そういう能力を育てる訓練は今の教育システムの中ではどこでもなされていない。
だから、生きる意欲そのものを失わせるような不愉快で不快な人間関係の中に平然ととどまって、結果的に精神が痛んでしまうんです。(P.35)

"

『身体知 ~身体が教えてくれること~』 内田樹 × 三砂ちづる

しはいかにおく ということは

あいてをそこなう ということだ

これ、とっても良く分かる。逃げられたって感じたら、その憎悪心からか酷い仕打ちを返してくる人もいたっけな。

(via mimin)

(via starcatstar)

(via mcsgsym, firedfly) (via quote-over100notes-jp) (via y-y-fd-t-gekidan)

(via s-hsmt) (via jmblog) (via otsune) (via yuco)

12:09am  |   URL: http://tmblr.co/ZmK3sxZCSFP2
  
登録カテゴリ:: mental life 
Tumblrでのスキな投稿: スキな投稿をもっと見る »